So-net無料ブログ作成

LUNA SEAライブ@センチュリーホール [LUNA SEA]

LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will-
名古屋国際会議場センチュリーホール公演の初日(8/9)に行ってきました。

センチュリーホールでのライブは18年ぶりだそうで。
古いチケットを引っ張りだしたら「STYLE」のアンコールツアーでした。96年12月。
確かこの時、国際会議場内の別の会場で某医学会が開催されていて、黒服&コスプレと
ビジネススーツが入り交じった不思議な景色が見られたのです。
…ま、そんな話は置いといて。

折しも台風11号が接近ということで、三重県に東海地方で初めての大雨特別警報がでたりして、
ちょっと心配していましたが、土曜日はそれほどでもなかった。
行きは雨降ってましたけど、終演後はちょうど止んでいて楽に帰れましたし。
2日目の方が大変だったのではないかと思います。

今回の座席は、1階後ろの方の下手側。ステージが見渡せていい感じでした。

開演は安定の15分押し。
開演を待ちわびる客席から拍手が起こってました。はやく〜はやく〜って(笑)
アンコールもそうだけど、ホールのライブだと、拍手も声もまとまりやすくていいね。


お待ちかねの1曲目はAnthem of Light。
明るい光に満ちた感じのこの曲は、ライブの1曲目としてもよく合うと思う。
2曲目は、INORANがセンターに進んできての、TONIGHT。
この位置でやるこの曲もちょっと慣れてきた。エンジンかかる感じでいいよね。

続きは畳んどきます。


続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

もう8月 [LUNA SEA]

梅雨はいやねぇ[雨]、台風怖いねぇ[台風]
ウイルス性胃腸炎キター[ふらふら]、ウォシュレット壊れたー[がく~(落胆した顔)]
忙しいわ〜[あせあせ(飛び散る汗)]、あっついわ〜[晴れ]
…などと言っているうちに8月になってしまいました。

8月と言えば、ワタクシ的ライブシーズンです。
9日にLUNA SEAのツアー名古屋公演、17日にJくんツアーの名古屋公演。
そして、取れるかどうか分かんないけど、23日、24日は大阪でのSLAVE限定GIG。
9月もINORANくん、BUCK-TICKとライブが続きます。

暑いけど、いい季節です[わーい(嬉しい顔)]
そろそろアルバム聴き込んでテンションあげていきますか[exclamation]



ところで、LUNA SEA結成25周年記念でファミリーマートで記念グッズがいくつか発売されてました。
2つ買ってみました。

1つはクマちゃんぬいぐるみ。全長13センチくらいの可愛い子。
クマ好きとしては見逃せない一品です。
IMG_0838.jpg
結構手触りがよくて氣に入りました。ライブ行く時に連れて行こう。
こういうのって、ツアーグッズで出して欲しいなぁ。
ツアー毎にクマちゃんの服が変わったりするとコレクションするのになぁ。

もう1つはビール。ツアーの物販ではさすがに無いだろう品なので食いついてしまいました。
当然?黒ビール。4本入りでした。
IMG_0826.jpgIMG_0834.jpg
中味は北海道麦酒さんの製品。美味しかったです。
早々に飲み尽くしてしまいましたけど、外箱と空き瓶はまだ捨てられずに置いてあります。
どうしたもんかな〜。
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

LUNA SEA 25歳誕生日ライブ [LUNA SEA]

5月29日(木)国立代々木競技場第一体育館で行われた
LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE -The Unfinished MOON- に参加してきました。

LUNA SEAの初ライブ日から丸25年、26年目の始まりの日。
しかも新月。何だか運命的なものを感じる日です。

せっかくの記念日ライブなので、入場前のところから書いていきますので、
手っ取り早くライブの感想だけ見たいという方は【続きを読む】からどうぞ。

********
当日は、午前中仕事をして、午後から東京へ移動。
九州から参戦の友人と原宿駅で待ち合わせて会場へ。
友人も私もSLAVEシートで参戦のため、まずはIDチェック。
お土産を受け取り、右腕に認証済印のギグバンドを付けてもらいます。

今回は18時開場、19時開演と遅めのスケジュール。
この時点で16時半過ぎ、時間に余裕があるのでグッズ売り場の列に並びました。
結構並んでいて1時間くらいかかったかな。
例のごとく黒いグッズばかりです。
IMG_0801.jpg
パンフレット&チャーム付きバッグ。バッグは会場購入限定でパンフに付いていました。
Tシャツ。迷いましたが、今回の化石のようなモチーフが気にいったのと、8月の黒服限定GIGに着てもいいな、なんて思って購入。
サマーストール。150cm四方くらいかな。かなり大判なので色々便利に使えそうです。

まだ少し時間があったので、ツアートラックを撮りに。
こんな感じです。
IMG_0772.jpg
IMG_0778.jpg
IMG_0781.jpg
IMG_0783.jpg

で、18時になったので入場口へ。SLAVEシートは一般席と別の入り口でしたが、どちらも開場の遅れはほとんどなかったと思います。

SLAVEシートはアリーナ最前のブロックだったのですが、幸運にも4列目!しかも上手側!
今日もSUGIZOにロックオンしとけってことね[るんるん]と勝手に理解[わーい(嬉しい顔)]
SUGIZOの定位置より少しステージサイド寄りでしたが、メンバーが移動中に立ち止まり演奏するポイントだったので、INORANもJも目の前に来てくれる、凄くいいポジションでした!

客席は順調に埋まっていったので、ほぼ予定通りに開演するだろうと思っていたのですが…
30分押しでのスタートとなりました。
ちょっと何か急なトラブルでもあったのかと心配しましたが、その理由はライブ中にRYUICHIから明かされました。

ライブのレポートはBARKSとかナタリーORICONSTYLEMUSICMAN-NET等の音楽サイトで公開されてますので、詳しく知りたい方はそちらをどうぞ。

個人的なレポ&感想でよろしければ…

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

月末の準備 [LUNA SEA]

5月29日、代々木第一体育館でのLUNA SEAライブが近づいてきましたよ。
本日、チケットが届きました。
バンドのお誕生日ライブですから、記念にとSLAVEセンターシートにしたので、ピクチャー仕様のチケットです。
…が。印刷が安っぽいんだよね〜。ただのカラープリントで文字がボケてる感じだし。
昔の限定チケットはちゃんとした印刷物で、嬉しかったんだけどな〜。

それはさておき。

29日は新月。
ライブのタイトルが「The Unfinished MOON」でもあるし、「MOON」をやってくれないかな〜と期待。
そして何より、ニューアルバムの曲たちを生で聴ける機会。
日が近づいてきて、だんだんワクワク感が高まってきました[わーい(嬉しい顔)]


ライブの前に、ベストアルバム2タイトルが発売されます。
全部入りも出ますが、ファン心理を突いた変な特典が付いていないので、必要なものだけ買えばいいなとちょっと安心。

LIVE版ベストアルバム第2弾。これは予約しました。

NEVER SOLD OUT 2

NEVER SOLD OUT 2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: CD



シングル版ベストアルバム。シングル集はもう持ってるからとりあえず見送り。

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: CD



ライブベストとシングルベストのセット版。これもスルー。

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE +NEVER SOLD OUT 2 (初回限定盤)

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE +NEVER SOLD OUT 2 (初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: CD



あと、ファンクラブ限定発売の「SLAVE限定GIG 2013両国国技館」DVD!
これは即予約しました。楽しみ[るんるん]

全国ツアーもあるし、年末もあるし、今年も結構LUNA SEA漬けですね。上等だ[手(グー)]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ジャケ買い [本・コミック]

LUNA SEAがホールツアーを発表しましたね〜[わーい(嬉しい顔)]
名古屋も来てくれるので嬉しいです[るんるん]
各地2日公演なんですね。

5月の代々木、12月の横浜も行く予定にしているので、とりあえず名古屋は1日のみ優先予約でエントリー。当たるといいな、当たるとも!


さて、今日の本題は本。
書店で目についた本を最初のところをパラッと見たら面白そうだったので買ってみました。
これ↓

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

  • 作者: 坪田信貴
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



書店の入り口近くの目立つところに平積みしてあった本なので、今売れてるのか、売ろうとしてるのか、どっちかです。

最初に、表紙の女の子が目について、続いてタイトルが目に入りました。
なんだ?長いタイトルだな〜と。
やれば出来る系の本か思いつつ、表紙デザインに惹かれて手に取ってパラパラ。
そしたら、著者も実話の内容も、名古屋の人のようです。
何だかテンポよく読めそうだし、地元の子の話ということで親しみもわき、つい買ってしまいました。

内容は、タイトル通り。予想通りスイスイ読めて2時間くらいで読了。
中学から大学までエスカレーター式に進学できる某私学生の「さやかちゃん」が主人公。
高校2年にして「聖徳太子」を「せいとく たこ」と読み、「strong」を「日よう日」と訳す、偏差値30台のコが、お母さんの導きで著者である塾の講師と出会い、やる気になって(乗せられて?)寝る間も惜しんで勉強して、慶應義塾大学に合格するところまで偏差値を上げた、そこに至るまでの1年半の物語です。

著者と出会って慶応受験を目指すことにしたさやかちゃんがどう頑張ったか、そして、著者がさやかちゃんをどうその気にさせて導いたか、お母様がさやかちゃんとどう向き合って支えたか、がメインのお語です。
事実は小説より奇なりというように、結末もオチがついているような展開でした。

会話中心で肩の力が抜けた感じの文章ですが、人との関わりかたや生き方について大切なことが散りばめられている気がします。
読み終えて、何となくほっこりした気分になりました。

人は出会いで変わるチャンスを得ることが出来るし、そのチャンスをチャンスとして活かすかどうかも自分次第、とか。
知らなくても世の中生きて行けるけど、知ってる方が断然人生が面白くなる、とか。
何かにがむしゃらに打ち込む体験は、結果だけでなく様々な実をもたらしてくれる、とか。

そんな、今までに何度か見聞きしたり体験したりで「知っている」と思っていることを、改めて「そうだよね」「それっていいよね」と素直に思いました。


読後にAmazonのレビューを見たらかなり評価が割れているようです。
期待するものの違いでしょうか。
確かに、この本を読む目的が、偏差値を爆上げするための超勉強法を知ることや、指導法を学ぶことであれば、物足りないかもしれません。
あと、宣伝文句が中味と合ってないとか、そんなこともあるかもしれません。

私は指導者でも、受験生を持つ親でも、ましてや受験生自身でもありません。
先入観なく気の向くまま読んだからこそ、妙な期待もなく感動できたのかもしれません。
とりあえず、先に買った本より先に読み始めて読み終わる程度には惹かれて面白かったです。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。