So-net無料ブログ作成
検索選択
観る音楽 ブログトップ
前の10件 | -

DURAN DURAN「GREATEST THE DVD」 [観る音楽]

1980年代は洋楽ブームで、MTVやベストヒットUSA、あとSONY MUSIC TVでしたっけ、よく洋楽のPVとかランキング番組を見たり録画していました。
私のバンド好きはあの頃から始まったと思います。

そんな中、2大好きなミュージシャンだったのが、DURAN DURAN とCulture Club。
大学以降は日本のバンドが好きになり、洋楽はほとんど聴かなくなってしまったのですが、彼らの作品は出てるのを知れば買うようにしています。
デュランは、メンバーが脱退して新メンバーがはいったり、またオリジナルの5人が復活したり、また一人抜けたりしていますが、割とコンスタントにアルバムを出していますし、英国ではライブもやっているようです。

最近CDは大抵Amazonで買うので、デュランも新譜が出ると「あなたにオススメ」メールが届いて教えてくれます(笑)
それで知って今回買ったのはこれ。DURAN DURANのPV集です。

グレイテスト [DVD]

グレイテスト [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD



1999年に発売された「グレイテスト・ザ・ビデオ」がDVD化されたのですが、当時の内容を元に数多くの別バージョンやインンタビューを収録したもの、なんだそうです。

この連休中、暇だったのでゆっくり全編観ました。
2枚組で1枚目は「PLANET EARTH」から「007/A VIEW TO A KILL」まで。
2枚目に「NOTORIOUS」から99年の「ELECTORIC BARBARELLA」まで収録されています。

ちょっと残念だったのは、一部PVの映像が良くないところがあったことかな。
デジタルリマスターではなかったのかな。
「NEW MOON ON MONDAY」の終盤。あんなに画面真っ赤じゃなかった気がするよ…。
でもPV自体は今観ても面白いですし、彼らの音楽はやっぱりいなぁと改めて思いました。

このDVDのウリの1つが複数ある別バージョンやインタビューなどが隠し映像で入っていること。
PVの別バージョンは1枚目の楽曲ばかりですが、確かに数多いです。そして隠し方が凝ってる。
まず、最初のメニュー画面から分かりにくいというか。
「GRATEST」ってタイトルが表示されていて、そのアルファベットのいくつかにメニューが隠されているんです。カーソル当ててもメニュー自体は画面が切り変わらないと出ないの。
隠し映像はさらに凝ってて、一律の隠し方じゃないんだよ~。
同梱の解説書にメニュー画面の説明と隠し映像の見方が載っているので、それを見ればいいんですけど、ミュージックDVD見るのに取説がいるってスゴイな[たらーっ(汗)]
思わず「めんどくさっ」と口をついて出ましたが、そうやって探しながら見るのもまた一興ってことだね。

PVで別バージョンがこなに作ってあるとは驚きでした。
確かに昔、長いバージョンと短いバージョンがあるなとは思っていたのですが、作る意味があったんでしょうね。「GIRLS ON FILM」何か特に。
それにあの頃は楽曲自体も12インチシングルミックスとか、複数バージョンあったりしたから、PVも複数あっておかしくなかったのかも。

で、隠し映像で個人的に面白かったのは「PLANET EARTH」のClub ver.と「NEW MOON ON MONDAY」のMovie ver. かな。
NEW MOON~は、何と全部で5パターンもあるのです。
Movie ver.は17分超のボリューム。初めて見ましたがストーリーがちゃんとあって、昔よく見ていたPVがすごく断片的だっだことが分かりました。
PLANET~の別バージョンも多分初見。
どこまでが当時のクラブのリアルな様子で、どの辺りが盛っているのか分かりませんが、妖しい雰囲気満載で面白かったです。
こういうのに影響を受けて、YMOとか、後の日本のバンドブームのビジュアルに繋がったのでしょうね。

インタビューは楽曲制作に関するものがいくつか。
インタビューも宣伝映像も見たことがないものばかりでした。

あと、ディスク2の方がDVD-ROMとしてPCで別のインタビューが見られるらしいですが、私のMacでは上手く起動しませんでした。
取説にはWindows98以上で見てね、って書いてあった…。

デュランは最近アルバム制作をしているそうです。
プロデューサーに、かつて組んでいたナイル・ロジャースを再び迎えたというニュースを読みました。
アルバムが出来て日本で発売されるのは来年以降でしょうが、楽しみに待とうと思います。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ライブメモ SIAM SHADE [観る音楽]

SIAM SHADE LIVE TOUR 2013 - HEART OF ROCK 7 - 名古屋公演に行ってきました。
11月11日(月)Zepp Nagoyaです。

2002年に解散してから今まで、故中村マネージャーの追悼ライブ、東日本大震災の復興支援ライブと、2度、単発のライブがありました。
2011年の復興支援ライブには行きまして、やっぱりこのバンドいいなと、もったいないなと思っていました。
今年、中村さんの7回忌ということで再び集まった彼ら。
思うところあり、単発ではなくライブツアーをやってくれることに。
おまけに、まさかの新曲発表もあり、ファンにとっては嬉しい限りです。

先日の名古屋はツアー2本目。ライブハウスとしては1本目。
期待通り熱ーいライブでした!

まだツアー中なのでセットリストは書きませんが、懐かしい曲から始まり、ライブの鉄板曲、ちょっと珍しい曲、最新曲などしっかり聴けて満足です。
中盤のインストメドレーは圧巻でした。ライブハウスだしやっても短いかなと思ってたら、がっつりたっぷりやってくれました!

お客さんも、しっかり歌いまくり、拳振り上げまくってました。
解散して10年以上経っても、皆どの曲もよく歌います。
しかも栄喜パートだけでなくKAZUMAパート(サブボーカルね)もちゃんと歌ってる。
私も歌うのはついKAZUMAパートになります。
3度とか5度上のメロディーが多いのかな、歌いやすくて栄喜とコーラスできる感じが楽しいんですよ。

終演後、名古屋駅へ歩いて帰る途中、テンション上がって大きな声で歌ってる男性たちがいました。
自分も昔はよく軽く歌いながら帰ったなぁと思い出して微笑ましく思いました。
他にも、多分初めてSIAMのライブに参戦した人が、興奮気味に語りながら歩く姿も。
なんかね、SIAMのライブの後は凄く高揚するんですよ。元気になる。
ライブ中にずっと歌ってるから、余韻で終わってからも歌いたくなるし。

本当に、このバンドがまた無くなっちゃうのは寂しいし、今の彼らの音が聴きたいと思います。
でも、ファンの声に応えるってだけでなく、彼ら自身がSIAM SHADE最高だと、またやりたいと、思わなければ続かないですよね。
ライブの終わりにDAITAが「やっぱりSIAM SHADE最高だよな!!」って言っていたので、それがライブの瞬間だけでなく、ずっと思ってくれてたらいいなと思います。

12月21日(土)にツアーファイナルとして日本武道館公演があるんですよね〜。
彼らの目標だった日本武道館。
参戦したいとは思うけど…今のところ不参加予定。
ギリギリになってもチケット残ってたらゲリラ的に参戦しちゃうかも…?

IMG_0653.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 [観る音楽]

B'zのLIVE-GYMへようこそ〜!!
と言ってもらえるライブに行ってきました。
8月31日(土)ナゴヤドームです。29日、31日、1日の3daysの中日でした。
今年デビュー25周年、ベストアルバムがでて、ツアーは5年振りのPleasureシリーズです。

自分がB'zのライブ行くのは何年振りだったかな?10年くらい経ってるかも。
記念すべき年のLIVEに誘ってくれた友人に感謝!

まだツアー中なのでセットリストは書きませんが、Pleasureらしく懐かしい曲も多く、新しい曲もあり、演出も楽しく、夏のお祭りを満喫した感じです。
個人的には、最近の曲では「Q&A」が気にいっているので、生で聴けて良かったです。
楽しかった。やっぱりLIVEはいいね。

LIVEの参加記念。会場でもらった冊子とチケット、グッズのハンドタオル。
IMG_0613.jpg

友人はFCでチケットをとってくれたのですが「入場引換券」となっていました。
入場ゲートでバーコードを読み取られ、そこで座席券が渡される仕組み。
ドームツアーやる規模のアーティストの転売防止策は進んでるんだね。
チケットに名前が書いてある位しか経験無かったよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

BUCK-TICK TOUR 2013 名古屋公演 [観る音楽]

2月8日(金)BUCK-TICK TOUR 2013 COSMIC DREAMER 
名古屋でのライブに行ってきました。

場所はクラブダイアモンドホール。スタンディングライブです。

B-Tでダイアモンドホールというのは、最近ではFC限定でしかやっていなくて、
一般も入れるライブは、かな〜り以前に体験したのだけど、いつだったっけ…。
このブログを始める前なのは間違いないと思う。
ともかく、小さいハコでB−Tライブだというのでワクワクしてました。
普段は武道館とか大きめのホールが似合うと思うんだけど、やっぱりライブハウスもいいね。
ダイレクトに全身に響く音・歌がめちゃくちゃカッコよかったです!!


B−Tのアルバムツアーって、新曲と以前からの曲の組み合わせが面白いと思うんです。
デビュー25周年でその間安定的にアルバムが出ているから曲数が膨大なだけに、ニューアルバム以外の曲は「あ、この曲やるんだ!」と新鮮な驚きを感じることが多いんですよね。
昔の曲すぎて、すぐにタイトルが思い出せなかったりすることも(笑)
毎回いい意味で予想の上をいってくれるので、とても楽しいです。


ところで、今回はちょっと珍しいことが。
下手側前方のお客さんが倒れたのか、倒れそうだったのかで、ライブが中断したんです。
本編序盤で一度、そしてアンコールでも。
私は後方にいたのでよく分からなかったのですが、大事にはならなかったみたい。よかった。
序盤は「ONLY YOU」の途中だったので、あっちゃんが「みんな only you なんだから」と曲に引っ掛けて気遣うコメントをくれました。
あ、中断した曲は2度とも最初からやり直してくれましたよ。

アクシデントがあると一層盛り上がったり一体感を得られたりすることもあるけど、ライブハウスで前の方に行くには、その日の体調や服装、もまれても踏ん張れるかとか、色々覚悟していかないとな、って改めて思いました。
しんどそうな人が近くにいたら気をつけておくってことも必要かも。


ということで、参加の証。
IMG_0547.jpg


もう、次のツアーが楽しみです[わーい(嬉しい顔)]
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

BUCK-TICK TOUR 夢見る宇宙 名古屋公演 [観る音楽]

気づけば大晦日でした。
今年のことは今年のうちにってことで、今月のライブのことをちょっとだけ書いておきます。

まずは12月22日(土)BUCK-TICKの名古屋公演。
会場は日本特殊陶業市民会館フォレストホール。
半年ほど前まで中京大学市民会館オーロラホールと呼ばれていたハコです。
ネーミングライツって、スポンサーが変わるとめんどくさいね。

それはそれとして。
今回は、1階6列ほぼ中央という絶好の座席!久々にこんな前の席があたりましたよ[わーい(嬉しい顔)]
チケットが家に届いた時からワクワクでした。

ライブは「エリーゼのために」から始まり、アルバム「夢見る宇宙」の楽曲中心に新旧織り交ぜての選曲。
「エリーゼのために」はイントロからアガる感じで、ライブでも1曲目にぴったり。
ライブ中、本当にこの人たちも唯一無二の存在だなぁと思っていました。
兄いが御歳50になり、充分なオッサンバンドなんだけど、カッコいいんだもん。
音も、プレイも。あっちゃんは魔王だし(笑)

席が中央だったので音のバランスも良く聞こえるし、近いから弦楽器隊の手の動きもよく見えるし、よかった…のだけど、客席に向けて放たれるライトが時折目に入ってしまう角度で向けられて、眩しくて目を開けていられなかった…。LEDなのかな、やたら眩しくて目に残像が残っていたですよ。

ところで、BUCK-TICKのライブはお客さんを見るのもちょっとした楽しみです。
ちょっと年齢層が高めで、黒っぽい服装の人が多いんだけど、おしゃれだなぁと思う姿の人が結構いるんですよね。格好いい大人の黒って感じ。

今回の記念。
IMG_0508.jpg
今回は、アーティスト写真とかのお衣装が軍服っぽいのですが、リストバンドもそれっぽく階級章っぽい感じのデザインですね。


BUCK-TICKはデビュー25週年ということで、来年は映画が劇場公開されるそうな。
どんななんだろう。ティザー映像が公開されていますね。

バクチク現象」て…!!
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

6月のライブ [観る音楽]

もう7月も後半に突入しました。
東海地方は本日梅雨明した模様。
月日が経つのは早いです…。

6月に参加したライブについて忘れないうちに書いとかないと! ということで、
BUCK-TICKのライブ2本まとめて。

6月10日(日)「at the NIGHT SIDE 2012」@日比谷野外大音楽

前日9日に同じ場所でファンクラブ限定ライブがあり、姉が申し込んでいたのですが抽選で外れて嘆いておりました…。そういうこともあるよね、うん。

この日は雨の中のライブとなりました。
開演までは小雨で、このくらいなら大丈夫そうだとカッパを持たず現地でも買わず乗り切ろうと決意。
入場の際に記念品のマフラータオルをもらったので、ちょっと濡れてもこれで拭けるね、と心強く思いました。
ところが、開演してから少し雨脚が強くなりました。
土砂降りではなかったけれど、ちょっと身体が冷えました。
もらったタオルが重宝しましたよ〜。本当にありがたかったです。

さて、ライブですが。
新曲「エリーゼのために」で始まり、最初からテンションが上がりました。
久しぶりに聴けた「蜉蝣ーかげろうー」良かったです。夏だし、と姉が期待してた曲でした。
個人的には、踊り曲の流れ「Django!!!-魅惑のジャンゴ-」「独壇場Beauty-R.I.P.-」「Baby, I want you.」で踊って身体が温まったのが良かったなぁ。

あと「雨」に関する歌詞が入ってる曲が数曲あったのが印象的でした。
「空蝉」「ノクターン-RAIN SONG-」、それからアンコールの「疾風のブレードランナー」かな。
「疾風の〜」の歌詞「頬を伝う酸性雨」ってのはリアルすぎて苦笑いしてしまいました。
都会の降り始めの雨は、悪いものをたくさん含んでそうでまさに酸性雨っぽいですよね。

アンコールの締めは「スピード」でした。これも古い曲だけど好きだなぁ。

記念品のタオルとチケットはこちら。
IMG_0349.jpg
ファンクラブ限定ライブでは紫色のマフラータオルが配られたようです。
右側のチケットは、後述する名古屋でのライブのものです。


6月30日(土)「TOUR PARADE 2012」@Zepp Nagoya
次は地元名古屋。
BUCK-TICKの25周年のスペシャル企画の1つ、なのかな。ライブハウスツアーです。
B-Tのトリビュートアルバム第二弾「PARADE II-RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK」に参加したミュージシャンと各会場1組ずつ共演していて、名古屋にはMERRYさんが登場。
MERRYをちゃんと聴いたのは今回が初めて。
…といいつつ、Zeppが超満員で、前方がよく見えなかったり酸欠気味で中座したりもしたので、正直しっかり見ていたかというと、うーん・・・ごめんなさい。
でも、音は好みだと思いました。

で。B-Tのライブ。
MERRYの時に立っていた場所が混みすぎでちょっと息苦しかったので、セット替えの間に移動して別の場所に。ちょっと空気とスペースが確保でき、最後まで落ち着いて観られました。
セットリストは野音のときと似てるのかと思いきや、そこは別のツアー。結構変わっていました。
今回一番印象に残った曲と言えば「夢魔ーThe Nightmare」。
10日に演った「蜉蝣」が夏向きの曲であるように、この曲は冬向きだろうと思っていましたから。
なにせ歌詞が「ツンドラの大地〜」ですから。
この曲やると、お客さんが皆してビシッと両腕を上にかざして固定する姿が楽しめます。
ネットだとこんな絵文字→\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/で表現されたりしてます。
あと、この日は発売直前のニューシングル「MISTAKE -僕はミス・テイク-」を演ってくれました。

PARADEツアーは先日終わり、この後は、9月22、23日の野外ライブ「BUCK-TICK FEST ON PARADE 2012」。トリビュートアルバムに参加したミュージシャンが揃うイベントです。
楽しそうだけど、千葉へはちょっと行けないなぁ・・・。
ちなみにこのイベント、チケット代が1日券だと8919円(バクチク円)だそうです(笑)

ライブには行けないので、せめてグッズのTシャツでも通販で買おうかと思えば、25周年だからって25色展開してる!!色多すぎて迷っちゃうよ〜。
ばくちくさんはいつもツアーグッズがオシャレで素敵です。
黒だけとか、ロゴマークとライブタイトルと日付だけとか、そんなものも少なくない某バンドファンからは憧れの的ですよ。

PARADEだけでなく、9月にアルバムが出るし、秋からのホールツアーも発表されたし。
動きがたくさんあって楽しみです。


PARADE II−RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK

PARADE II−RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Lingua Sounda
  • 発売日: 2012/07/04
  • メディア: CD



MISS TAKE ~僕はミス・テイク~(初回限定盤)

MISS TAKE ~僕はミス・テイク~(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2012/07/04
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

今年の初ライブ [観る音楽]

1月9日に今年の初ライブに行ってきました。(もう1ヶ月経ってる…)

GRANRODEO(以下GR)の『GRANRODEO LIVE TOUR 2012 HAPPY RODEO LIFE』。
ZeppツアーということでハコはZepp Nagoya

昨年後半から気になり出したにわかファンですが、やはりライブを体験しないと!ということで、ちょっとビビりながら参加。
…だって、お客さんの反応がわからないんだもの。失礼があってはいかんですから。
事前にライブDVD買って予習しようかとも思ったけど、先入観なしで体験する方が新鮮で面白いかなと思って、最新アルバムと最新シングルだけ聴いた状態で行ってきました。
ライブ参加にあたっては、とりあえずグッズ情報を見て、マフラータオルがあるってことはタオル振り回す曲がありそうだなとか、Tシャツ&首タオルの人が多いのかしら、とか考えて、ニーハイブーツとかピンヒールは違うはずと、靴だけは注意した(笑)足元は結構大事ですから。


ライブはCDで聴いた印象よりもずっとロックな感じでした。カッコ良かった!
ヘドバンとかモッシュとかあっても違和感ない感じの曲もあったし。
自分の周りではそういうのをしてる人は見かけなかったけど。
バラードもよかったです。
KISHOWさんはやはり上手かった。

初めて聴く曲も多かったのですが、初聴と思えない感じでノリやすかったのが驚きでした。
周りで歌ってる人が多かったせいもあるかな。
多分だけど、コード進行とか曲の展開があんまりひねくれてないんじゃないかと。
アニメの主題歌を多く手掛けてるから、キャッチーな曲が多いのかな。
(そう思うと、普段自分が好んで聴いている人たちのはキャッチーじゃない曲が多いな…)

ロックなライブなのにサイリウムが振られるっていうのが不思議な感覚でした。
物販でサイリウムを売ってるライブにほとんど行ったことがないので、きれいだなぁと思っちゃいました。
(開演前のアナウンスで、工事現場等で使う誘導灯や大きすぎるペンライトは使うなって注意があって、驚きつつ笑ってしまった。誘導灯って…。)
この辺りは、アニソンライブに通じるところなのかしら。
すごく盛り上がってて、周りの人もガンガン歌ってたので楽しかった。
あ、男性率が割と高かったです。

でも、KISHOWさんのツイッターによると、その後の大阪とか東京のライブの盛り上がりはもっとすごかったらしい。
そうか、そうなのか。
初めてだから盛り上がりレベルがよく分からないや。
名古屋は2本目だったし、後半ほど良くなっていくってことはよくあるよね。


GRはボーカルとギターの2人組なので、ライブはベースとドラムがサポートメンバーで入っていました。
ドラムは長井一郎さん、ベースは瀧田イサムさん。
私はどちらもよく存じない方でしたが、音がスゴかったので覚えました。
ドラムはツーバスがすっごい響いてくるパワフルな音だったし、ベースも耳に入ってくるなぁと思ったら6弦ベースを弾いてて驚いた。
一瞬ギターが2人でベースがいないじゃん!って思ってしまった(笑)


あと、グッズも充実してました。お値段もまあまあ。
この時期うれしいネックウォーマーやアームウォーマーもあったので、アームウォーマーをゲット。
家でパソコン使うときや、外での手袋代わりに使ってます。

それから、東日本大震災への義援金募金も行っていて、募金をすると金額にかかわらずブレスレットをもらえました。
チャリティーブレスレットを買ってその収益が義援金に、っていうのはよくあるけど募金の記念にもらえるというのは初めてだったので、GRの心意気が嬉しいなと思いました。


そんな訳で、初のGRライブ、楽しかったです。
ただ、自分自身、ライブの勝手が分からなくて様子見でいたこともあって不完全燃焼気味だったので、次回参加できたらもっと楽しみたいと思います。
IMG_0166.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

SIAM SHADE SPIRITS 〜Return The Favor〜 [観る音楽]

10月21日、SIAM SHADEによる東日本大震災復興支援チャリティライブ「SIAM SHADE SPIRITS ~Return The Favor~」がさいたまスーパーアリーナで開催されました。

10月21日は、1995年に彼らがメジャーデビューした記念すべき日。
縁あって、私も参加することが出来ました。
IMG_0054.jpg

感想を一言でいえば、もの凄く良いライブで、このまま終わるには惜しいバンドだと心から思いました。

今回は友人とともに参加。初めてSIAM SHADEのライブに行った時から、ライブはもちろんファンクラブイベントも一緒に参加してきた子なので、自然と昔話に花が咲きました。
17:30会場、18:30開演ということで、17時過ぎに会場に到着。
ツイッターで午前中から物販に人が並んでいると情報が流れていたのですが、着いた頃にはものすごい列になっていました。
とても開演時間までに買えそうにないと、諦めて早々に入場。
このときの友人の迷言に爆笑。
「SIAMでこんなに人が並んでるなんておかしい!微妙に売れなかったバンドだったよね?」
ヒドい言いようですが、愛あるツッコミですから。

ちなみに、グッズは終演後に買おうと思ったのですが時すでに遅し。ほぼ完売してました。
チャリティグッズだし、次にいつライブあるかわかんないしで、皆さん財布のひもが緩かったようです…。


入場ゲートを入ってすぐのところにお花が設置してありました。
翌日公演予定のLUNA SEAからも届いてました。
IMG_0037.jpg

座席はスタンド席の上手サイドで、結構よくステージが見渡せる場所でした。
ステージバックに大きなバンドロゴがかかっていて、それを見て思わず友人と「おお~」と声をあげてしまいました。近くにいた男性のグループも同じように「おおっ!」って言っていて、同じ感覚を共有してたみたいです。


開演は10分押しくらいだったでしょうか。
久しぶりの5人の姿に鳥肌が立ちました。
そして始まった1曲目は「RAIN」メジャーデビュー曲です。
続いて「TIME'S」「Why not?」とシングル曲がリリース順に続きました。

セットリストはこんな感じ。多分。
最初とアンコールはあってるはずですが、中盤は違うかも…。
7月にZepp仙台でやったフリーライブのセットリストと近いみたい。

1. RAIN
2. TIME'S
3. Why Not?
4. LOVESICK ~You Don't Know~
5. Destination Truth
6. BLACK
7. Sin
8. LIFE
9. LOVE
10. Virtuoso ~インストゥルメンタルメドレー
11. グレイシャルLOVE
12. NEVER END
13. CAN'T FORGET YOU
14. LET IT GO
15. SHAKE ME DOWN
16. PRIDE
17. PRAYER
18. GET A LIFE

アンコール1
 Dear…
 曇りのち晴れ
 1/3の純情な感情
 Dreams
アンコール2
 NO CONTROL
 Imagenation
 D.Z.I.
 Don't Tell Lies

圧巻だったのは楽器隊によるインストメドレー。
Virtuosoをやるんだ〜と思ったら、途中でDREAMLESS WORLDになり、その後も「え、ここで!?」と思うようなところで転曲していきました。
No! Marionette、Bloody Train、Fly highとか、最後はTriptychだったかな。他に何やったかな…。
メドレーの途中でドラムソロも入りました。久々の淳士コールもやりましたよ。
DAITAは間違いなくギターヒーローなんだけど、彼とともに分厚い音を奏でる一馬、NATCHIN、淳士の凄さを久々に見せつけられました。うん、すごかった。

チャリティということで舞台演出は最低限にしたのでしょう、セットもシンプル、特効もなくライトによる演出のみ。
でも、余分なものはいらない、彼らの演奏だけで充分でした。


ライブ本編もかなりベスト選曲でしたが、アンコールの8曲でさらに補完されてました。
アンコール前に、まだこれ演ってないよね、聴きたいよね歌いたいよね、って友人と話していた曲は全部やってもらえました。なかなか分かっています、私たち(笑)
他のお客さんも良く分かっていて「アンコール!」の代わりに「Don't Tell Lies!」って叫んでる人たちもいました。
曲名だってわかってるけど「うそつくな!」ってコールはどうなの?って笑ってしまいました。
インディーズアルバムの「NO CONTROL」と「Imagenation」もやってくれたのは嬉しかったな。

1回目アンコールの4曲は、今回のライブの趣旨にとても合うメッセージの曲。
続けて聴いて、彼らが今回もう一度だけと5人集まった気持ちが見えてきた気がしました。


相変わらず栄喜は感激屋の泣き虫で、すぐにMCが訳わかんなくなっちゃう。
ハードにヘドバンしながら演奏したり、アンコールの時に楽しそうにじゃれてるメンバーの姿もみられ。一馬のバック転も。
昔と変わらないな~って思うところもあれば、演奏は一段と分厚くなっていて、彼らが着実に前に進んでいたことも伝わってきて。
おなかいっぱい胸いっぱいの約3時間でした。
わたしも久しぶりに全力で歌いこぶしを振りました。
SIAMのライブは本当ーに全力で歌うので、お客も疲れます(笑)


MCで栄喜とDAITAが異口同音に言っていました。
解散して9年経って過去最大のキャパの会場でライブができること、そこに一杯のお客さんが集まったことへの感謝。
「俺たちが信じてやってきたことは間違ってなかったんだよな!」と。
そして栄喜が言いました「俺たちが今日ここに立った意味を与えてくれ」と。

彼らの信じた道は間違っていないし、意味はあるよ!間違いなく。


終演後、東京方面へ帰る途中の電車で聞えてきた会話が印象的でした。
「ずっと画面の向こうの存在だった場所に行けたことが幸せだった。淳士コールしたとき鳥肌が立った」

会場に着くまでは、自分のように昔から見ていた人が懐かしんでライブに来るケースが多くて、お客の年齢層が全体的に上がっているのかなって思っていたんです。
ところが、現地に行ってみたら若い人がたくさんいて。
当時中学生や小学生でライブに行くことができなかった人や、解散してから出会った人たちが、今回初めて参加してるってことが結構あるんだなと知りました。

そんな人たちがたくさんいるからこそ、当時には出来なかっただろう2万人クラスの会場が埋まったんですよね。
彼らの音楽は今も人を魅了している。
音楽の力ってすごいですね。
人を引き付け、元気付け、そして誰かを助けることもできるのだから。

本当に、今回だけというのはもったいないと思ってしまいます。
でも、彼ら自身がまた5人でやりたいって思わないとダメですからね…。


ちょっととっちらかった記事になりましたが、思いつくまま書いてみました。
翌日のLUNA SEAもあわせて、すごく濃い2日だったので、まだ自分の中で整理しきれてない感じです。ご容赦を。

あ、最後に。
今回のライブはお金をより有効に使うためDVD化するとのことでした。
栄喜が言ってました。
買うよ!

nice!(2)  コメント(2) 

移動なう。今日はSIAM SHADEライブ [観る音楽]

今日はSIAM SHADEのチャリティライブです。

ただ今、さいたまスーパーアリーナに向けて移動中です。

途中、東京で、SIAMのライブに行き始めた時からずっと一緒して来た友人と合流。

何だか色々と感慨深いですが、楽しんできます!!

nice!(3)  コメント(5) 

COMPLEX再結成、SIAM SHADEも… [観る音楽]

東日本大震災に対して、音楽の世界でも多くの人が支援のために立ち上がり、様々な取り組みをしています。

そんな中、28日に発表されたのが、あの「COMPLEX」の再結成東京ドームライブ!
告知ページはこちら→ http://www.diskgarage.com/sp/complex/

ぼんやりとしたシルエットだけで、どちらがどちらかわかります。
「俺は弾く。」「俺は歌う。」ってコピーがいいですね!

ワクワクします〜[るんるん][るんるん][るんるん]

再結成に当たっては吉川晃司から布袋さんに声をかけたんだとか。
朝の公園で話をして握手をしたとか。
活動停止の時は、最後には取っ組み合いのケンカをして別れたという噂の二人(ホントに?)が、年を取って大人になって、立ち上がった…いい話だわ〜[もうやだ~(悲しい顔)]

このブログでは、私はLUNA SEAを連呼していますが、実は、吉川晃司もかなり好きです。
でも、COMPLEXが実際に活動していた頃は、まだ晃司のことがあまり好きではなくて(笑)
アルバムを聴いたりしたのは活動休止してからなんです。
でも、COMPLEX後の1991年にでたアルバム「LUNATIC LION」で認識を改めました。
当時、通学路の駅に貼ってあったポスターにヤラレタんでした…。

彼はとてもいい年の取り方をしているなって思います。カッコいいオヤジっぷりが好きです。
そういえば、晃司は災害ボランティアで被災地の支援活動に参加していたそうです。
SUGIZOが参加していたような団体なのかな?

今の彼らがどんな音を出してくれるのか、楽しみです[ハートたち(複数ハート)]
どうかチケットの抽選が当たりますように[exclamation×2]


************************************

それから、今日29日、SIAM SHADEの再結成のニュースがでました。
告知ページはこちら→  http://siamshade.jp/

めちゃめちゃ上手くて、でも不器用で、バカっぽい遊び心もあり、ちょっとマニアックで熱いバンドでした。
ライブ全編約2時間をファンも全力で歌って拳を振るので、参加するにもすごい体力を使うバンド。
デビュー15周年記念のトリビュートアルバムは、海外のハードロックやヘヴィメタルのすごい面子でカバーされて出来てしまったというすごい事も。

2007年の再結成の時は行けなかったけれど、今度は是非参加したいなぁ。
詳細の発表はまだこれからだけど、彼らが演るなら、やはり日本武道館かな?



音楽は心に力を与えてくれるもの。
震災をきっかけに再結成というのは、少々複雑な思いもありますが、彼らが「今自分たちにできること」として決断した、その思いを嬉しいと感じる事もまた事実。
実際、再結成と聞いて、それだけでとても氣分が高揚しましたしね。
楽しい事に参加して、それが被災地への支援にもなるなら、無事な地域に暮らす者としても嬉しいことです。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 観る音楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。