So-net無料ブログ作成

SIAM SHADE SPIRITS 〜Return The Favor〜 [観る音楽]

10月21日、SIAM SHADEによる東日本大震災復興支援チャリティライブ「SIAM SHADE SPIRITS ~Return The Favor~」がさいたまスーパーアリーナで開催されました。

10月21日は、1995年に彼らがメジャーデビューした記念すべき日。
縁あって、私も参加することが出来ました。
IMG_0054.jpg

感想を一言でいえば、もの凄く良いライブで、このまま終わるには惜しいバンドだと心から思いました。

今回は友人とともに参加。初めてSIAM SHADEのライブに行った時から、ライブはもちろんファンクラブイベントも一緒に参加してきた子なので、自然と昔話に花が咲きました。
17:30会場、18:30開演ということで、17時過ぎに会場に到着。
ツイッターで午前中から物販に人が並んでいると情報が流れていたのですが、着いた頃にはものすごい列になっていました。
とても開演時間までに買えそうにないと、諦めて早々に入場。
このときの友人の迷言に爆笑。
「SIAMでこんなに人が並んでるなんておかしい!微妙に売れなかったバンドだったよね?」
ヒドい言いようですが、愛あるツッコミですから。

ちなみに、グッズは終演後に買おうと思ったのですが時すでに遅し。ほぼ完売してました。
チャリティグッズだし、次にいつライブあるかわかんないしで、皆さん財布のひもが緩かったようです…。


入場ゲートを入ってすぐのところにお花が設置してありました。
翌日公演予定のLUNA SEAからも届いてました。
IMG_0037.jpg

座席はスタンド席の上手サイドで、結構よくステージが見渡せる場所でした。
ステージバックに大きなバンドロゴがかかっていて、それを見て思わず友人と「おお~」と声をあげてしまいました。近くにいた男性のグループも同じように「おおっ!」って言っていて、同じ感覚を共有してたみたいです。


開演は10分押しくらいだったでしょうか。
久しぶりの5人の姿に鳥肌が立ちました。
そして始まった1曲目は「RAIN」メジャーデビュー曲です。
続いて「TIME'S」「Why not?」とシングル曲がリリース順に続きました。

セットリストはこんな感じ。多分。
最初とアンコールはあってるはずですが、中盤は違うかも…。
7月にZepp仙台でやったフリーライブのセットリストと近いみたい。

1. RAIN
2. TIME'S
3. Why Not?
4. LOVESICK ~You Don't Know~
5. Destination Truth
6. BLACK
7. Sin
8. LIFE
9. LOVE
10. Virtuoso ~インストゥルメンタルメドレー
11. グレイシャルLOVE
12. NEVER END
13. CAN'T FORGET YOU
14. LET IT GO
15. SHAKE ME DOWN
16. PRIDE
17. PRAYER
18. GET A LIFE

アンコール1
 Dear…
 曇りのち晴れ
 1/3の純情な感情
 Dreams
アンコール2
 NO CONTROL
 Imagenation
 D.Z.I.
 Don't Tell Lies

圧巻だったのは楽器隊によるインストメドレー。
Virtuosoをやるんだ〜と思ったら、途中でDREAMLESS WORLDになり、その後も「え、ここで!?」と思うようなところで転曲していきました。
No! Marionette、Bloody Train、Fly highとか、最後はTriptychだったかな。他に何やったかな…。
メドレーの途中でドラムソロも入りました。久々の淳士コールもやりましたよ。
DAITAは間違いなくギターヒーローなんだけど、彼とともに分厚い音を奏でる一馬、NATCHIN、淳士の凄さを久々に見せつけられました。うん、すごかった。

チャリティということで舞台演出は最低限にしたのでしょう、セットもシンプル、特効もなくライトによる演出のみ。
でも、余分なものはいらない、彼らの演奏だけで充分でした。


ライブ本編もかなりベスト選曲でしたが、アンコールの8曲でさらに補完されてました。
アンコール前に、まだこれ演ってないよね、聴きたいよね歌いたいよね、って友人と話していた曲は全部やってもらえました。なかなか分かっています、私たち(笑)
他のお客さんも良く分かっていて「アンコール!」の代わりに「Don't Tell Lies!」って叫んでる人たちもいました。
曲名だってわかってるけど「うそつくな!」ってコールはどうなの?って笑ってしまいました。
インディーズアルバムの「NO CONTROL」と「Imagenation」もやってくれたのは嬉しかったな。

1回目アンコールの4曲は、今回のライブの趣旨にとても合うメッセージの曲。
続けて聴いて、彼らが今回もう一度だけと5人集まった気持ちが見えてきた気がしました。


相変わらず栄喜は感激屋の泣き虫で、すぐにMCが訳わかんなくなっちゃう。
ハードにヘドバンしながら演奏したり、アンコールの時に楽しそうにじゃれてるメンバーの姿もみられ。一馬のバック転も。
昔と変わらないな~って思うところもあれば、演奏は一段と分厚くなっていて、彼らが着実に前に進んでいたことも伝わってきて。
おなかいっぱい胸いっぱいの約3時間でした。
わたしも久しぶりに全力で歌いこぶしを振りました。
SIAMのライブは本当ーに全力で歌うので、お客も疲れます(笑)


MCで栄喜とDAITAが異口同音に言っていました。
解散して9年経って過去最大のキャパの会場でライブができること、そこに一杯のお客さんが集まったことへの感謝。
「俺たちが信じてやってきたことは間違ってなかったんだよな!」と。
そして栄喜が言いました「俺たちが今日ここに立った意味を与えてくれ」と。

彼らの信じた道は間違っていないし、意味はあるよ!間違いなく。


終演後、東京方面へ帰る途中の電車で聞えてきた会話が印象的でした。
「ずっと画面の向こうの存在だった場所に行けたことが幸せだった。淳士コールしたとき鳥肌が立った」

会場に着くまでは、自分のように昔から見ていた人が懐かしんでライブに来るケースが多くて、お客の年齢層が全体的に上がっているのかなって思っていたんです。
ところが、現地に行ってみたら若い人がたくさんいて。
当時中学生や小学生でライブに行くことができなかった人や、解散してから出会った人たちが、今回初めて参加してるってことが結構あるんだなと知りました。

そんな人たちがたくさんいるからこそ、当時には出来なかっただろう2万人クラスの会場が埋まったんですよね。
彼らの音楽は今も人を魅了している。
音楽の力ってすごいですね。
人を引き付け、元気付け、そして誰かを助けることもできるのだから。

本当に、今回だけというのはもったいないと思ってしまいます。
でも、彼ら自身がまた5人でやりたいって思わないとダメですからね…。


ちょっととっちらかった記事になりましたが、思いつくまま書いてみました。
翌日のLUNA SEAもあわせて、すごく濃い2日だったので、まだ自分の中で整理しきれてない感じです。ご容赦を。

あ、最後に。
今回のライブはお金をより有効に使うためDVD化するとのことでした。
栄喜が言ってました。
買うよ!

nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

しゅん

レポありがとうございます。
セットリスト見ると圧巻ですね。

特に気になるのがインストメドレーですね。
僕はインストも好きだし、長い曲も好きだし、転調も好きだし、、、。
どんな風にそれぞれの曲を繋げて展開していったのか、すごーく気になります。

「アンコール!」の代わりに「Don't Tell Lie!」はいいですね。

DVD化ですかー!?
ヽ(^◇^*)/ ワーイ
絶対買うぞー!
by しゅん (2011-10-26 00:04) 

杏珠

*しゅんさん
インストメドレー格好良かったです☆
多分10曲くらい繋げてたと思うんですが、ごめんなさい、よく覚えてなくて…。
DVD化された時に全部入ってて欲しいです。
アンコールは「D.Z.I.!」って叫んでる人もいました。
どっちも演ってくれて良かった(^^)

by 杏珠 (2011-10-26 23:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。